成果発表会2017 を開催します!

募集期間 平成29 年10 月27 日(金)から11 月30 日(木)まで(必着)
募集人数 300 名(要事前申込、先着順)
参加費 無料
応募方法 E メール、はがき又はFAX
記入事項 氏名(ふりがな)、電話番号又はE メールアドレス、参加人数
応募先 E メール:toroku@sustaina-ken.net
はがき:〒460-0003 名古屋市中区錦2-12-8 御幸本町ビル5F
かがやけ☆あいちサスティナ研究所事務局(㈱一人計画内)
FAX:052-222-2595

※応募者多数により参加いただけない場合は御連絡します。

スケジュール及び内容
時間 内容
12:30 開場
13:00 開会
13:05~15:30 研究成果発表会
10 チームの研究成果プレゼンテーション
パートナー企業・団体からの評価
15:30~16:00 来場者全員による投票
16:00~16:30 修了式
所長の大村知事による修了証授与、激励コメント
研究員代表による挨拶
最優秀賞の発表
16:30~17:15 落語家桂文喬氏による特別講演
17:20 終了

※原則、途中入場はできませんので、開会までには御着席ください。

主な参加者
  • 研究所所長 大村知事
  • 研究所顧問 飯尾歩 いいおあゆみ 氏(中日新聞社 論説委員)
  • 研究員 大学生40 名(公募により22 大学から参加)
  • パートナー企業・団体10 社の代表者等
    イケア・ジャパン㈱IKEA長久手、新日鐵住金㈱名古屋製鐵所、JAグループ愛知、スターバックス コーヒー ジャパン ㈱、
    中部国際空港㈱、㈱デンソー、㈱ナゴヤキャッスル、㈱Mizkan Partners、㈱三菱東京UFJ銀行、名鉄観光サービス㈱
  • 大学生の研究活動をサポートするファシリテーター10 名
  • 一般参加者300 名(今回募集)
かがやけ☆あいちサスティナ研究所とは

愛知県では、未来のあいちの担い手となる大学生が、グローバルな視点を持っ て、継続的にエコアクションを実施することを目的に、平成27 年度から大学生 向けの「人づくり」プログラムとして研究所の活動を推進しています。

研究所では、大村知事が所長となり、研究員である大学生40 名が、4名1チームで10 チームに分かれて、パートナー企業・団体10 社から提示された研究課題に対して、現場での調査や企業・団体担当者の方とのディスカッションを通して、解決策を企業・団体側に提案するとともに、その成果を広く発信します。

パートナー企業・団体 研究課題
イケア・ジャパン株式会社
IKEA長久手
地域の交通環境に配慮した来店方法をお客様に促す取組を検討
新日鐵住金株式会社
名古屋製鐵所
鉄の環境へのやさしさについて、PR方法を検討
JAグループ愛知 耕作放棄地の問題を解消する農業と環境が調和する方策を検討
スターバックス コーヒー
ジャパン 株式会社
私たちの社会貢献活動に共感し行動できる仲間を増やす企画を検討
中部国際空港株式会社 サスティナブル空港として、セントレアの屋内を緑で一杯にする企画を検討
株式会社デンソー エコドライブを習得し、社会に普及させる方法を検討
株式会社ナゴヤキャッスル 地域とホテルが連携し、「魅力ある“あいち”」を発信できる環境配慮企画を検討
株式会社Mizkan Partners 商品や売り場でお客様がミツカンらしい環境配慮を体感できる方策を検討
株式会社
三菱東京UFJ銀行
環境配慮サービスを若い世代へ普及させてゆくアイデアを検討
名鉄観光サービス株式会社 環境に配慮した子ども向けツアーを検討し、実践
愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウムについて

 愛知県内の49 大学で構成する愛知学長懇話会では、2014 年にESD ユネスコ世界会議が愛知・名古屋で開催されるのにあわせ、大学をリレー形式でつなぎ、世界会議のテーマを大学生が議論する「ESD 大学生リレー・シンポジウム」を開催しました。
 今回、愛知学長懇話会では、世界会議の成果を継承するとともに、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、このリレー・シンポジウムを継承する形で、「愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム」を開催することとしました。
 「かがやけ☆あいちサスティナ研究所成果発表会2017」も大学生が持続可能な社会の実現に向け、パートナー企業・団体の環境課題を研究したものであることから、「愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム」の第1回目と位置付けて開催することとし、愛知学長懇話会と連携して多くの大学生の参加を呼びかけます。

お問い合わせはこちら
pageTop